物置のいろは 知ってるようで知らない、物置の基本をご紹介。 物置の選び方
  • 物置に収納できるモノ
  • 設置場所の確認
  • 設置と組み立て

温度差にご注意! 物置に収納できるモノ ○×

物置の収納物には、温度差の負担がかかります。
一般に夏場で外気が32℃位であれば、物置の庫内は48℃位まで、断熱材付きの物置であっても 40℃位までは上がってしまうので、注意が必要です。
「冷暗所保管」となっている品は、物置での収納を避けましょう。

物置によく収納されているモノ

  • アウトドアレジャー用品
  • ポリタンク
  • タイヤ
  • etc.

物置収納には適さないモノ

  • 食料品
  • 衣類
  • 写真
  • etc.
ここがポイント! 熱や湿気、温度差に弱いものは避けようね!

※物置の中に収納されていても、物置の収納物は温度差の負担を受けます。
温度差に弱い衣類や写真などは屋内収納が望ましいでしょう。
一般に夏場で外気が32℃位であれば物置の庫内は48℃位まで温度が上がっています。
仮に断熱材付きの物置であっても40℃位までは上がってしまいますので、
食料品なども物置収納には向きません。
農薬や塗料、油なども温度差によって劣化が進むものもあります。
保管場所が「冷暗所保管」となっているものに関しては、物置での収納は避けた方がよいでしょう。

気温や湿気が気になる場合は…

気温や湿気が気になる場合

気温や湿気が気になるものは、空調が効いている倉庫へ段ボールで預けるクラウド型のサービスも最近はある様なので、自分のニーズに合わせて検討してみては?
物置先生おすすめのお預かりサービスはこちら

ページの上部へ